QHM啓蒙サイト。QHMがWeb文化の日本語になることを目的とします。 

ITアットうつのみやのサイト

FrontPage

2.ITアットうつのみやのサイトが2つ目のQHM

ITアットうつのみやの公式サイトは私が勤務する前から立派に存在しており、特に欠点はありませんでした。
しかし「文章の格調がやや高過ぎるという印象、メンテナンス性がいまいち」と私は思っていました。

それで、リニューアル担当者の手を挙げた次第です。

昨年(2008年)8月に入って、一応作り上げ、関係者に見てもらったところ、
色調、デザインが不満
内容が不十分、また余計な部分が多い
と、さんざんの評価でした。

色調、デザインについては、具体的な批判があって、修正の技術的アドバイスも受けましたが、QHMとはなじまない話で、苦慮しました。
QHMの構造にかかわる部分には、到底手を出す能力が無いことは、最初からわかっていました。
デザイン問題は結局、大阪モード学園の先生の指導で切り抜けました。

内容は、その後2カ月かけて充実させ、不要部分はそぎ落とし、11月1日に正式スタートしました。

>Webボランティア

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional